本文へスキップ

他院で満足できなかった方、改善しなかった方が多数来院!本気で改善したいなら当院へ

電話でのご予約は・・・・・・・TEL.03-6416-5646


ネット予約(24時間)は・・・・ コチラ

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10プランドール恵比寿2F

ゆがみ専門整体院 Relax Earth のコラム

アイプチ男子と『求愛のカタチ』

先日、目黒川沿いを歩いていると、30才くらいの男性が座って手鏡を見つめていました。アイプチをしています。
「アイプチ?男?ここで?!」
思わず、二度見してしまいました。
やっぱり一心不乱に手鏡で目元を見ながらアイプチをしています。男性はスーツ着用で、見た目には気を使っている感じです。美容系の仕事をしている感じがしないでもない。別に男性がアイプチをしてもいいとは思うけれども、なぜ公衆の面前でするのかは意味不明。トイレとか人の目が届かないところでやればいいのにと思いました。

ひと頃、『電車の中で化粧をするのは迷惑行為です』という意味合いのポスターが東急線に貼られていて物議をかもしたのを思い出します。電車で化粧をする人の立場からすると、「誰かに迷惑をかけてるわけじゃないでしょ」とか「時間がないからしょうがないじゃない」などの意見があったような気がします。私個人の意見としては、欧米では公衆の面前で化粧をするのはコールガールのような女性達で、それが男性を誘う行為だと聞いたことがあるので、一般の女性がそれをするのはどうかと思ってしまいます。そして、化粧をするときはどうしても無防備な表情を周囲にさらしているわけであって、そんな顔を見せてもいいのかなとも思ってしまいます。

以前、テレビで″おすぎとピーコ″の″ピーコさん″が電車で化粧をする女性についてのコメントで、
「彼女達は、『ほら、私は化粧でこんなにキレイになるのよ』ってアピールしてるのよ」と言っていました。なるほど、そういう見方もあるのかと感心したものです。
とういうことは、青空の下、アイプチをしていた男性も、『ほら、俺はアイプチをこんなに上手にできるんだぜ』とアピールしていたのかもしれません。もしかしたら、それを見かけた女性が「まぁ、ステキ!」となるのかもしれません。う~ん、どうなんでしょうか。

ともあれ、男子がキレイさに磨きをかけるのは年々高まってきているのでしょう。眉毛のお手入れから始まって、最近ではファンデーションを塗っている男性も多いと聞きます。恵比寿にあるコルギ(韓国式小顔矯正)の店員さんに聞いたところでは、お客さんの4割は男性らしいです。30代の営業職の方がメインの客層だとか。
男性が美しさを目指す傾向を考えると、孔雀が連想されます。バサーッと羽を広げて求愛するのは孔雀の雄(♂)。
私はNHKの動物番組『ダーウィンが来た!〜生きもの新伝説〜』が好きでよく見るのですが、鳥類は美しさで雌(♀)にアピールする傾向があるようです。美しさで勝負!『キレイになって雌に選ばれたい!』と必死です。
哺乳類では、ケンカに強い雄(♂)が雌(♀)に選ばれるパターンが多いでしょう。強さで求愛。子孫繁栄のためには、戦いに強い子孫を残したほうがよいのは当然です。
人間も哺乳類です。原始の時代、男性は″戦いの強さ″で女性にアピールしたことと思います。現代社会ではお金を稼ぐ力である″経済力″が大きなアピールになります。そして、今後は″美しさ″がアピールの重要ファクターになってくのでしょう。求愛のファクターが″強さ″から″美しさ″へ。

もしかしたら、人類の鳥類化が進行しているのでしょうか。
そういえば、ペンギンやハトなどの鳥類の雄は子育てもかいがいしくやる″イクメン″の鏡です。″イクメン″がもてはやされる時代背景からも、『人類鳥類化』の傾向がありそうです。
それとも男性だけが鳥類化してるのかも?
だとすると女性は何類になっていくのでしょうか?

ゆがみ専門整体院
Relax Earth 恵比寿
リラックス アース

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10
プランドール恵比寿ビル2F
TEL 03-6416-5646
【営業時間】
平日 :12:00~22:00
土日祝:12:00~20:00
定休日:木曜
【来店エリア】
代官山・広尾・麻布・中目黒から好アクセス / 埼玉県・神奈川県からも多数来店
【ピックアップ・コラム】
“もみかえし”になった経験からマッサージが怖くなった方へ。原因と対策!