本文へスキップ

他院で満足できなかった方、改善しなかった方が多数来院!本気で改善したいなら当院へ

電話でのご予約は・・・・・・・TEL.03-6416-5646


ネット予約(24時間)は・・・・ コチラ

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10プランドール恵比寿2F

ゆがみ専門整体院 Relax Earth 姿勢矯正のトピックス

背中のコリにはどんな意味が?→胸椎

身体を横から見ると背骨には弯曲と言われるカーブがあります。
背骨は24個の脊椎から構成され、7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎に分類されます。そして、一般的には頸椎は前弯(身体の前方にカーブの盛り上がりがある)、胸椎は後弯(後方にカーブ)、腰椎は前弯しています。この弯曲はほどほどな曲がり具合なのが理想なのですが、弯曲が大き過ぎるタイプと、逆に弯曲が少なく真っ直ぐ(フラット)なタイプがいます。そして、そのタイプごとに問題点があったりします。
そんな『胸椎』が今回のテーマです。

胸椎は左右12対の肋骨とで胸郭を形成します。これが頸椎&腰椎と違っている重要ポイントです。
胸椎の弯曲は肋骨が囲われているせいで、弯曲はそれほど変化しません。しかし、頸椎と腰椎は普段の姿勢や動作によって弯曲は変わってきます。
『ストレート・ネック』という言葉を聞いたことがあるかと思います。文字通り、頸椎がまっすぐな状態です。このストレート・ネックにも2種類あり、もともと頸椎の弯曲がない真っ直ぐなクビの人の場合もありますが、普段から頭が前方に出ている姿勢が癖になっているせいで本来の弯曲がなくなり真っ直ぐなクビになってしまったケースもあります。
その点、胸椎は姿勢の影響などで弯曲は変化しにくいのですが、それが短所にもなります。
特に胸椎の弯曲が少ないフラットなタイプの人の背中は硬く凝りやすい傾向があります。胸椎が一本の棒のようになってしまい動きにくくなってしまいます。蛇がくねくね曲がりながら進むのをイメージしてもらうと分かりやすいのですが、弯曲があったほうが曲がりやすいものです。

では弯曲が大きければいいかというとこれもまた問題です。
まず猫背になりやすいです。猫背というのは背骨が丸まっていて、頭部が前方に出て、肩が前方に丸まっている状態です。そして胸椎の弯曲が大きい方は頭部が前方に出やすいため、猫背になりやすくなります。しかし、胸椎の弯曲が大きい方でも、筋力で胸郭を起こしていれば、頭部が胸郭の真上にあり、肩が丸まっていない姿勢をキープすることは可能です。
さらに、年をとってから背骨がグニャッと曲がる怖れがあります。背中が極端に曲がっているお婆さんを見かけたことはあるかと思います。ああいう方の背骨は、圧迫骨折をしているからあそこまで曲がってしまっているのです。
原因は閉経後に骨粗鬆症になってしまったからですが、若いときから猫背だったことも原因の一つです。普段の姿勢で筋力を使わずにダラーッとしていると、身体を支える力が衰えていき、年をとってから背中が曲がってしまいます。なので、胸椎の弯曲が大きい方こそ、将来のために日頃の姿勢に気をつけなければならないでしょう。

背中が凝る原因は弯曲という構造上の問題だけではありません。精神的な問題からの影響が表れる部位でもあります。どういう人かというと『普段から緊張がぬけないタイプ』です。
このような人は、日常の社会生活において、いつも身構えてしまいリラックスすることが苦手です。リラックスとは真逆の緊張状態が続きます。闘いの前の「さあ、来い!」というような身体に力を入れている状態が続くのですから、背中が凝るのも仕方ないでしょう。
このような人の背中のコリは、筋肉痛で硬くなったようなハリがあります。背中だけ筋トレを頑張りすぎたような印象のコリです。本人に自覚はないのでしょうが、筋緊張で鎧をまとっているイメージです。
そして、このようなリラックスが苦手な人は、他人に触られるのも苦手な傾向があります。施術でこのような人を対応していると、どうしても緊張が抜けなかったりします。「力を抜いてくださいね〜」と言っても、どうやって力を抜いたらいいかがわからないようです。

また、『睡眠の質』が背中の凝りの原因にもなります。
朝起きてもスッキリしないとか、眠りが浅いと感じている人は沢山います。そのような方は背中がガチガチに固まっていることが多いです。
原因としては自律神経の交感神経が関係していると考えられます。交感神経は胸椎と腰椎から出て各内臓に分布しています。眠りが浅いというのはリラックスしきれていない状態です。つまり、交感神経が優位の状態。睡眠中は副交感神経の出番なわけですが、昼間の疲労を回復するためにリラックスしたいのに、交感神経優位の緊張が睡眠中にもあらわれてしまう。そして、睡眠が浅くなる結果、背中が固くなり交感神経の伝達を悪くして緊張状態を増すという悪循環。
ですので、朝起きてもスッキリしない人などは、胸椎のひとつひとつの可動を改善し、背中の凝りをとることが大切になります。交感神経の伝達をスムーズになれば、睡眠中は自然と副交感神経優位のリラックス状態になっていきます。

このように背中のコリには胸椎が大きく関係しています。
背中がつまったような感覚があれば、胸椎の可動が悪くなっているかもしれません。背中は自分でケアしにくいので、マッサージ機などを活用するのもいいでしょうね。

ゆがみ専門整体院
Relax Earth 恵比寿
リラックス アース

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10
プランドール恵比寿ビル2F
TEL 03-6416-5646
【営業時間】
平日 :12:00〜22:00
土日祝:12:00〜20:00
定休日:木曜
【来店エリア】
代官山・広尾・麻布・中目黒から好アクセス / 埼玉県・神奈川県からも多数来店
【ピックアップ・コラム】
その腰痛はハイヒールが原因かも?!その対策はどうする?