本文へスキップ

他院で満足できなかった方、改善しなかった方が多数来院!本気で改善したいなら当院へ

電話でのご予約は・・・・・・・TEL.03-6416-5646


ネット予約(24時間)は・・・・ コチラ

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10プランドール恵比寿2F

ゆがみ専門整体院 Relax Earth 姿勢矯正のトピックス

背中痛だか腰痛だかわからない→胸腰移行部

背骨は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個の24個の脊椎が繋がっていて、胸椎12番と腰椎1番の連結を胸腰移行部と呼んだりします。そして、この胸腰移行部が痛くなるケースは沢山あります。
問診時に、「背中というか腰というかどっちかわからないんですけど、痛いんです」といって胸腰移行部をさする方がいるのですが、私も背中痛だか腰痛だかわからないので胸腰部痛としておきます。

なぜ胸腰部痛が起こるかといえば、形状と動きの問題があります。
まず形状ですが、先ほど胸椎12番と腰椎1番が連結しているといいましたが、名称が胸椎と腰椎と違うように、同じ椎骨でも形がだいぶ違っています。形によって動きの得意不得意もあったりして、胸椎は回旋という捻る動きは得意ですし、腰椎は前後屈の動きが得意です。この形状が違った椎骨が連結していることにより、他の椎骨の連結よりもスムーズに動かないため痛みを発生させることになります。
また、脊柱には弯曲というカーブがあり、胸椎は後弯(背中側がカーブの盛り上がり)していて、腰椎は前弯(お腹側がカーブの盛り上がり)しています。胸腰移行部はこの後弯のカーブと逆の前弯のカーブが連結している部位なので他の部位よりも負荷がかかります。よって胸腰部痛が起こるわけです。

次に動きの問題ですが、胸腰移行部に関しては動き過ぎで痛くなることが多い部位です。関節の柔らかさと筋力の弱さが問題となるので、男女で比べると女性のほうが多くなります。
店では初診の場合、施術前に動作の検査をするのですが、立位から前屈・後屈をしてもらうときに、胸腰部痛のある人は特徴のある動きを見せてくれます。
一般の方は前屈のときに胸椎と腰椎が弓のようにしなりつつ股関節も曲がることで前に倒れていきます。一方、胸腰部痛の方は胸腰移行部だけで一生懸命に前に倒している印象があります。これは後屈も同じことで、一般の方は胸椎と腰椎のしなりを利用して後ろに倒していくのですが、胸腰部痛の方は胸腰移行部だけで後ろに反らしています。

女性でハイヒールをよく履いている方は胸腰部痛になる傾向があります。
ハイヒールは踵が高くなっているわけですから、身体を自然に任せるとスキーのジャンプの姿勢のように股関節からお辞儀をする形になっていくはずです。実際にそうならないのは、身体を反らすことにより姿勢を真っ直ぐに修正しているからです。
この反らし方が問題で、胸腰部痛になる方は胸腰移行部で上半身を伸展させています。理想としては股関節から上半身を反らせていくほうがいいのですが、股関節まわりの臀部の筋肉が弱かったりするとなかなか難しかったりします。
さらに、筋力が弱くて柔軟性は結構ある女性の場合、背骨が曲がり過ぎる傾向があります。背骨がグニャッと曲がった猫背にもなるし、今回のように身体を反らすときに胸腰移行部で反らしがちです。
これは身体を反らす伸展という動きだけでなく、前に倒す前屈でも起こります。洗面所などで前かがみになるときに、胸腰移行部から身体がカクッと折れている姿勢です。胸腰部や腰に痛みがあるときは、このような前傾姿勢をすると痛みが増してしまいます。

実際のところ、胸腰部痛を訴えてくる方の痛みのある部位の筋肉をゆるめても、すぐにコリが戻ってしまうのが胸腰部痛の厄介なところです。
では、胸腰部痛はどうすればいいのか?
注目すべき点は、胸腰移行部が前後に動き過ぎて痛くなることです。ハイヒールを履いていることで胸腰部から身体を後方に反らし過ぎたり、前かがみの姿勢を胸腰移行部から身体を折ったりしているため痛くなっています。
胸腰移行部を支える筋肉は脊柱起立筋です。この筋肉は背骨の脇を通っている細長い筋肉で、基本的には背骨を支えることが役割です。身体を前屈させたり後屈させたりすることがメインの目的ではないので、それほど筋力はありません。ですので、胸腰移行部は動かさないほうがいいです。捻る動作はいいでしょうが、前後屈はやらないようにしたほうがいいでしょう。

しかし、日常生活で前屈や後屈をやらないわけにはいかないので、股関節から動くようにしてみてください。股関節からの前屈はお辞儀と同じなのでわかりやすいかと思います。後屈も背骨は真っ直ぐに保ったままで股関節から身体を後ろに倒していきます。最初は違和感があるかもしれませんが、慣れれば問題ないかと思います。普段から股関節を支点に動く癖をつけておくことにより、胸腰移行部の動きすぎを防ぐことになります。
また、筋力的にも臀部の筋力は大きいので、臀部が凝ることで痛くはなりにくいです。しかし、筋力の弱い方は臀部痛になることもありますので、日頃からたくさん歩いたり、あるいは走ったりして臀部を含めた下半身の筋力アップも大切になります。

このように、胸腰部痛の方は日常での身体の使い方を見直さないと改善していきません。しかし、背骨をシャンと伸ばしたままでの動きを身に付けることが出来れば、痛みからサヨナラできつつ、姿勢も美しくなっていくことでしょう。

ゆがみ専門整体院
Relax Earth 恵比寿
リラックス アース

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10
プランドール恵比寿ビル2F
TEL 03-6416-5646
【営業時間】
平日 :12:00〜22:00
土日祝:12:00〜20:00
定休日:木曜
【年末年始の営業について】
12月30日まで営業
1月4日より通常営業
【来店エリア】
代官山・広尾・麻布・中目黒から好アクセス / 埼玉県・神奈川県からも多数来