本文へスキップ

他院で満足できなかった方、改善しなかった方が多数来院!本気で改善したいなら当院へ

電話でのご予約は・・・・・・・TEL.03-6416-5646


インターネット予約(24時間)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目10-10プランドール恵比寿2F

ゆがみ専門整体院 Relax Earth のコラム

ゴルフで腰痛になる場合のよくある原因は?

ゴルフで腰が痛くなる人は多いですよね。
同じ方向に振り続けるわけですからバランスが悪くなるのは当然ですが、ある部位をケアしないでいると腰痛がいつまでたっても治らないなんてことにもなります。
その部位とは?

ズバリ、股関節の前部です。
ズボンの前ポケットの辺り、筋肉でいうと大腿筋膜張筋。ゴルフをすることで、この部位が縮んでガチガチになるわけです。
なぜ拘縮するかといえば、ゴルフのアドレスを考えてみてください。股関節から上半身を前に倒しますよね。このとき股関節の前部が短縮します。
そして、ゴルフのスイングは、股関節上での体重移動ですから、股関節の前部は短縮したまま捻られます。それが何度も繰り返されるのでガチガチになるわけです。
股関節の前部が固まると、スイングのときに股関節上での体重移動がスムーズにいかなくなるので、身体が今までよりも回らなくなります。
その回旋を補うために、これまで以上に腰で回そうとしてしまうことで腰痛になってしまうのです。股関節の可動域減少を補うために、無意識に腰を過剰に回旋させてしまうのです。

そのような理由なので、ゴルフで腰痛になったという人は股関節の前部をゴリゴリ押してみましょう。もし痛ければ、早めにケアしたほうがいいでしょう。
股関節の拘縮のせいで腰痛だけでなく、スイングも崩れていく可能性が大ですから。

以前、シニアのプロゴルファーのケアをしていたことがあるのですが、症状は全く同じで、股関節ガチガチからの腰回し過ぎ腰痛でした。プロもアマも関係なく、股関節の前部は結構すぐバテると覚えておくといいでしょう。

ゴルフの練習場で何百球も打つ方、ゴルフ合宿で連続でゴルフをする方、股関節の前部が固まってないかチェックしてください。